FC2ブログ

ONLY ⒶNARCHISTS ARE PRETTY

DⒶNGEROUSLY CLOSE TO LOVE

メロンソーダとチリドッグ

メロンソーダとチリドッグを食べながらブランキーを見ようっていう、
ヴァニシングポイント連動企画。

こないだのレイトショーの時は時間がなかったんで、
別途、連動されてみました(笑

ポストカードもらえるよー
R0016348.jpg

R0016347.jpg

DIJのピストルで有名な組み合わせですが、初めてトライしたな。
味は本格カフェの作りなので美味しかったですー
普段、メロンソーダって飲まないんで、非常に新鮮でしたー
R0016349.jpg

スポンサーサイト



  1. 2013/01/29(火) 23:42:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BENZIE FIGURE

私的ブランキーキャンペーンは続く・・

そのうちそのうちと思ってましたが、ネット販売でも結構品薄になってきて
少しずつ価格高騰が始まってきたんで行っときましたー

フィギュア付きCDってコンセプトですけど、フィギュア狙いなのは
言うまでもありません。
51C11AdeKRL.jpg

そこそこ似てるじゃん〜
R0016334.jpg

同じシリーズのミッシェル/チバと2ショット!
R0016335.jpg

  1. 2013/01/29(火) 01:06:16|
  2. FIGURE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消滅点

ブランキージェットシティのラストツアーを追いかけたドキュメント、
『VANISHING POINT』見てきましたー

当初は昨日のレイトショー限定のはずが、完売続きで拡大上映されているようですね。
渋谷シネクイントは2週間限定上映かな。

DVD付きでチケット販売されてました。
DVDは映画版と編集が違うらしく(DVDのが長いみたい)
日を改めてじっくり見たいと思います。
ステッカー付きー
R0016346.jpg

富永よし江氏の写真集も同時発売されてましたんで、
しょうがないな〜・・ってことで購入。
R0016339.jpg

R0016340.jpg

R0016341.jpg

R0016342.jpg

バイク乗りベンジー。
このマシンはデリンジャー号だっけ??
R0016343.jpg

達っつぁんらしい1枚。
R0016344.jpg

照ちゃんカッコいいっす。
ブレスは多分ウルフズヘッドですね。
R0016345.jpg

BJCのTシャツマーチャンダイズといえばのUNDERCOVER!
まぁ、これも一応押さえておかないとね。
R0016336.jpg

R0016337.jpg

  1. 2013/01/28(月) 01:13:15|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DANGEROUSLY CLOSE TO LOVE / PEEL&LIFT

PEEL&LIFTの新作が到着しました。
いや〜、どこも即完売続きでしたねー
手に入って良かった!!

DCTLバージョンの再現というアプローチ!
カラーはやっぱサックスが一番なんじゃないの〜〜??
R0016330.jpg

ステンシルプリント!
R0016332.jpg

カール・マルクス!
R0016331.jpg

P'N'Lネーム!
R0016333.jpg

『SO IT GOES』出演時のジョーダンや・・
2ac87870.jpg



伝説の『TODAY』出演時にサイモン・バーカーもサックスブルーを着用してました。
sp008_640.jpg

1990d880.jpg

所謂ビルグランディ事件として伝説化されてます。
これはスティーヴ・ジョーンズの回想付きですね。


  1. 2013/01/26(土) 14:15:44|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベンジーとテネシアン

ギターマガジン2013/2月号。

この表紙でこられちゃ買っちゃう。
カッコいいギターで、エイジングも流石のイイ感じです。

所謂、表紙買いー
R0016324.jpg

R0016326.jpg

R0016325.jpg

R0016327.jpg

  1. 2013/01/25(金) 00:17:38|
  2. GUITAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アウトサイダー/コリン・ウィルソン


R0015996.jpg

  1. 2013/01/23(水) 23:43:04|
  2. break on through to the other side
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UNTITLED


R0016263.jpg

  1. 2013/01/23(水) 00:19:37|
  2. SLICE OF LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタンリー・キューブリック

少し前に岩永ヒカル氏のブログで紹介されてましたが、
LAでスタンリー・キューブリックのレトロスペクティヴ展が開催されているみたいですねー
見たい〜〜

巡り巡って、東京に来ないかなー
画像掲載してましたが、写真OKなんですかね?
イイ写真なんでちょっと引用させてもらいましょう。
6a0120a696625e970c017d3f55f6d2970c-600wi.jpg

6a0120a696625e970c017c35272ee0970b-600wi.jpg

この物量!!
見たい〜〜
6a0120a696625e970c017ee6ca9160970d.jpg

シャイニング!
6a0120a696625e970c017ee6ca9753970d-600wi.jpg

フルメタルジャケット!!
6a0120a696625e970c017ee6ca93d9970d-600wi.jpg

クロックワークオレンジ!!!
6a0120a696625e970c017ee6c5f2f2970d-600wi.jpg

6a0120a696625e970c017c352296b0970b-600wi.jpg

これは別エントリーでの画像ですが、多分撮影合間のレアな2ショットですね。
ボウラーハットにN-3Bの組み合わせっていけますねー
6a0120a696625e970c017c355e3eb6970b-600wi.jpg

6a0120a696625e970c017ee7019034970d.jpg

このシルエットカッコいいんだよな!
6a0120a696625e970c017ee6f7c3af970d-600wi.jpg

  1. 2013/01/22(火) 00:32:44|
  2. ART
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スリムハンディーステンレスボトルHarajuku

fragment designの仕事。
HF氏プロデュースのスターバックス表参道B-side店限定のボトル。
Uの帰りにフラッと寄ったら売ってたんで買ってみました。

バリエは2カラー展開。
fragment-design-x-starbu<br />cks-b-side-harajuku-beverage-bottles-1.jpg

自分はマットブラックをチョイス!
コーヒーもスタバも決して好きではありませんが(笑
これは便利かなと・・
サンダーマーク付いてるしさ〜〜
R0016295.jpg

  1. 2013/01/20(日) 20:56:00|
  2. fragment design
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OUTSTANDING presents TOUR Tee SHIRT by fragment design × PEEL&LIFT

fragment design × PEEL&LIFTのZOZO限定Tシャツが到着しましたー

ツイッターでデザイナーの細谷氏から現状可能な究極の加工感を施してリリースします!
との情報をリークしてもらい、期待して待っていた一品です。

画面ではわからないでしょうが、発言に違わぬ加工感とプリントの質感。
いやいや最高の出来ですよ。
R0016296.jpg

R0016297.jpg

R0016298.jpg

R0016299.jpg

R0016300.jpg

R0016301.jpg

安定の2色買い!
R0016302.jpg

元ネタはこちら。
音はパンク〜ニューウエイヴの流れの中で、破壊の果てを追求していた時期よりも
随分聴き易くなってますが、タイトルからマーチャンダイズに到るまで
逆説とアイロニーの男、ジョン・ライドンらしい仕事をしていた当時の”アルバム”です。

当時、アルバムはアルバム、カセットテープはカセットテープ、
ポスターはポスターと名付けられた商品群。
当然ツアーTシャツもツアーTシャツですよ(笑

これを元ネタに持ってこられちゃーねー、買うよね。
R0016303.jpg

R0016306.jpg

R0016305.jpg

  1. 2013/01/20(日) 12:42:45|
  2. fragment design
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STOP MAKING SENSE

UNDERCOVERのカタログ頂きまして・・

今回のメンズのテーマはトーキングヘッズ。
R0016281.jpg

これは裏表紙で色使いが最高!
大好きなパターンです。
R0016282.jpg

ロバート・ラウシェンバーグのアートワークのバックプリントのシャツは
かなりカッコいい出来でしたー
R0016283.jpg

R0016284.jpg

R0016285.jpg


レディースのコレクション自体は良くわかりませんけど、
これはUらしいドレスですねー
R0016293.jpg

R0016292.jpg

R0016291.jpg

  1. 2013/01/20(日) 02:10:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PUNKとはリストバンドである #26

UNDERCOVERの13SS立ち上げ行ってきました。
assemble a.k.a.a.f.f.a.の小物がリリースされましたね。

とりあえず今日の所は、これだけ手に入れました。
@のボックス入り。
R0016272.jpg

ワニ皮ブレス。
R0016275.jpg

ブランドネームの刻印。
R0016274.jpg

@の刻印もあり。
R0016276.jpg

付けるとこんな感じ。
R0016277.jpg

R0016278.jpg

合わせ技ー
R0016279.jpg

P'N'Lのブレスのカラーバージョンや、
クロコ×925シルバーのヘキサゴンスタッズのブレスもありましたよ。

ストールもリリースされていますが極少入荷で分納らしく・・
予約してますんで手に入ったらアップしましょうかねー

アパレルのリリースもあるようです。
今回は期中の追いかけ企画っぽいですね。
タイミングとバジェットで考えよっと。


  1. 2013/01/19(土) 23:50:02|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺のほうがより凶暴で、俺のほうがよりやさしい

水道橋博士の新刊『藝人春秋』読了。
博士の本って初めてでしたが良かったです。

タイトルの必殺のフレーズは・・
まぁ、興味があったら是非読んでみて下さい。

表紙がスゴいな。
お笑い芸人の肖像じゃないな、これは。
笑いとヒリヒリするようなスリルが同居する内容で、
いやお見それしましたというか、殿の弟子と云う事でなめてましたね。
R0016266.jpg

R0016267.jpg


そいえば、水道橋博士との邂逅とその後の顛末をひもといた
酒井若菜さんのブログが良かったんでリンク貼っとこう。
『藝人春秋』についても記してあるしね・・

小娘物語 前編
小娘物語 後編

『たけしさんの側で生きてきた人が、そんな無粋なことするか!よく考えな!』

これ言ったの誰なんだろ??
たけしに心酔して生きてきた身には、たまらない一言です。
ここで泣きました(笑


  1. 2013/01/17(木) 01:41:09|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦場のメリークリスマス



  1. 2013/01/15(火) 23:45:21|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オン・サンデーズ 2003.9.19.〜10.19.

前回のアートブックはこのエキシビジョン
で購入しました。

アートディレクター溝口氏のこのブログに、当時の状況が語られています。
貴重な画像が多数アップされています。

近過去ですが歴史です!
R0015184.jpg

R0015192.jpg

R0015193.jpg

R0015207.jpg

R0015208.jpg

  1. 2013/01/14(月) 00:27:03|
  2. fragment design
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

shadowoftheofficialartworks

2003年リリースのHF氏の作品集です。
これには本当にやられましたね。

着るアート、身につけるアート、弾くアート、飾るアートまで、
魅力満点縦横無尽のデザイン集です。
まさに神は細部に宿る!!

紙媒体として、当時の極限までのこだわりを持って制作された至極の作品集です。
以前もエントリーしましたが、今回は内容も少し紹介してみましょう。

当時のフライヤー。
R0015105.jpg

R0015294.jpg

ケース入りでサンダーマークがステンシル状にくり抜かれてます。
R0015180.jpg

限定999冊のナンバリングあり。
R0015181.jpg

此処からHF氏にハマった、A.F.F.A. MA-1
アナーキーシャツをMA-1に落とし込むセンスに脱帽でした。
R0015186.jpg

R0015185.jpg

エリック・クラプトンとの合作カスタムなのかな?
マーチンのギター。
R0015188.jpg

安定のマルクスシルクスクリーン。
GALLERY AFFAで販売してたんですよね。
買っときゃ良かった〜〜
R0015187.jpg

グラフィック集。
当時のファッション誌を賑わせました。
R0015195.jpg

R0015194.jpg

ニーチェ『神は死んだ』
  〜ジョニーロットン『ロックは死んだ』
    〜GOOD ENOUGH 『GOD IS DEAD』
R0015196.jpg

1994リリースのファーストソロアルバム、
『Nothing Much Better To Do』のフルサイズ。
R0015198.jpg

フライヤーに使用された、A.F.F.A.用のデザインですね。
R0015202.jpg

マルクスグラフィック。
R0015204.jpg

後期A.F.F.A.からassembleでも使用されているネームデザイン。
カッコいい!
というわけで、2003年当時までの仕事をアーカイブ的にまとめて編み上げた作品集です。
その後の仕事も、いつかの機会に是非まとめて欲しい物です!
R0015205.jpg

  1. 2013/01/13(日) 23:37:42|
  2. fragment design
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百年の孤独/ガブリエル・ガルシア・マルケス


R0015924.jpg

  1. 2013/01/11(金) 21:02:10|
  2. break on through to the other side
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

弾丸のバレエ

『BULLET BALLET』ってもうタイトル勝ちだよね。
意味も、言葉の並びも、単語の配置やバランスも完璧。

中村達也氏主演の塚本晋也監督作品です。
いわゆる濱マイクに繋がって行く人脈ですね。


パンフレットも通常サイズではなく、表紙はビニール製です。
R0016081.jpg

達也氏は背は小さいのに大きく見えるタイプですよ。
昔フジロック98でサインもらった時(笑)に間近で見た
彼は思いのほか小柄で、あらためてそのオーラとドラムのパワーに驚いたものです。
R0016083.jpg

R0016084.jpg

R0016082.jpg

R0016085.jpg

  1. 2013/01/10(木) 01:34:46|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WILD WINTER

昔はかなりの読み物好きで、雑誌から小説、批評からエッセーまで
結構読んでました。
せっかくなんで少しずつ自分なりに整理したくなって・・

で、今回はブランキー本。
インタビュー集ですが、あんまり覚えてないな〜
再読すればすぐに思い出すんでしょうけどね。
R0016047.jpg

内容もさることながら、写真が良かったー
解散の頃は、同じウエスタンシャツばっかり来ていたベンジーですがこんな時代もありました。
カッコいい!!
R0016050.jpg

達つぁんがオシャレなのは言わずもがな。
R0016048.jpg

照ちゃんのハットはアンダーカバーじゃないかな??
エラいオシャレな時期がありましたもんね。
R0016051.jpg

  1. 2013/01/10(木) 00:29:46|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

the rise and fall of THE STONE ROSES

これは洋書のローゼズ本。

細かい内容で読了に時間がかかったなぁ〜
R0016063.jpg

やっぱ、ポロックペイントカッコいいな。
ジョナサン・スクワイアの手による作品ですね。
R0016064.jpg

R0016066.jpg

1989年に五反田で初来日を見られた事は・・
ちょっと自慢出来るでしょ??
R0016065.jpg

  1. 2013/01/07(月) 23:51:24|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ford Coupe 1929 Hot Rod

sumallyで発見した画像です。
カッコいいよこれ!

MAD MAX 2 meets STINGって感じのフォードのホットロッドみたいです。
世紀末感とレトロ感が絶妙に同居してます。
マットブラックがマックスっぽさを醸し出してますね〜
これはスゴいカスタムマシンですわ。
2b3fa6d6c94f51910b1c55a0596b0d15d530c69a_l.jpg

a38328ea9b78059f8d5332b634ec2f64a7a4cc76_l.jpg

513bdf523dfd3835b1a30580ac7d5aaf71f3fbe8_l.jpg

5d52182e6049464e0659f33253f56e245a08c82d_l.jpg

66e94541d9a6afd82ab27ad6e7d2b52da88d79a4_l.jpg

  1. 2013/01/07(月) 02:29:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ROTTEN』 No Irish - No Blacks - No Dogs

アイルランド人と黒人と犬はお断りってすんごいサブタイトル!
ジョン・ジョセフ・ライドンの自伝です。

ただ原書で所有したいというだけで購入したんで、
写真を眺めた以外は読んでません(笑
当時は初出の写真もあったので、そこがモチベーションになりました。
R0016195.jpg

貴重な若きポートレートもあり。
R0016197.jpg

デニムのジョニー・ロットン画像って比較的少ないですよね。
2人とも若っ!!
R0016196.jpg

こちらはロッキングオンからリリースされた翻訳版です。
昔、LAST ORGY Ⅲ でジョニオ氏が、訳の口調とか表紙のデザインに噛み付いていたのを思い出します。
タイトルからしてSTILL A PUNKだもんな。
もっとも、原題をそのまま訳しても何の事やらわからないし、しょうがないのかもね。
センスがいいとは思わないけどさー
でも、これのおかげで読めたんで良かったっす。
R0016198.jpg

  1. 2013/01/06(日) 02:14:57|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SNOOOOOOOOOOOZER!!!!!!!

また、ちょっと引用。

      雑誌『スヌーザー』とは、
    文化的な豊かさであり、
   異なる価値観が共存出来るような幅の広さであり、
  敷居の低さと排他的なスノビズムの共存であり、
 テキスト以上に雄弁なヴィジュアルによる言語であり、
何よりもカタログではなく、本1冊全体で語りかける秘密のメッセージでした。
   by 田中宗一郎
 
なんてカッコいいんだ!!
終刊に向けてのお別れメッセージなんですけど、
SNOOZERってそういう雑誌でした、確かに。
この一節だけでSNOOZERの読者で良かったって思ったもんな〜

その昔SNOOZERから刊行されたディスクガイド。
R0016211.jpg

R0016210.jpg

R0016212.jpg

R0016217.jpg

R0016218.jpg

で、終刊にあたって、その後7月から秋にかけて(!)ディスクガイドを3冊出すと
公言したにもかかわらずーーー
あれ、一昨年の事だよ??

それなのに、ただの1冊も刊行されていないなんてどういうことだよタナソウ!!
最後の落としだねとか、お別れの挨拶とか言ってたじゃんか!!
発売日が遅れまくる雑誌なんて後にも先にもスヌーザーだけだっつーの!!
それをニヤニヤドキドキしながら待ってたんだから、待つのは慣れっこだけどーー
ローゼズの2ndじゃあるまいし、頼むよ〜〜!!

頓挫したとか、鋭意作成中とか、インフォだけでもくれよ〜〜!!
はぁはぁ(笑

いや、まじでタナソウさんお願いしますよ。



  1. 2013/01/05(土) 02:02:09|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE STONE ROSES DOCUMENT

セリーヌの究極の本音で消毒した所で思い出したのがこれ。
ロッキングオンのローゼズドキュメント。

この中の山下えりか氏の原稿から少し引用・・

   魂は準備しない、防御しない、可否を下さない、 
   ただ私の中にいて、いつまでも生まれた瞬間と同じだけの愛を
   無条件に要求できる源なのだから。

音楽もそうですが、言葉の配列ってパワーありますね。
これ読んだ時、かなり感動したの思い出しました。
R0016206.jpg

R0016208.jpg

R0016207.jpg

R0016209.jpg

  1. 2013/01/03(木) 23:52:18|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死体派/ルイ・フェルディナン・セリーヌ

魂は、何ものにも影響されることはない。
初声から最後の息まで、不変の貧しさ、不変の豊かさそのままなのだ。

あらゆる饒舌、あらゆる威嚇、あらゆる魅惑、あらゆる詭弁が、
魂の扉の前で、尻込みし、消散し、絶対に侵入することはない。

何ものも、魂を、貧しくすることもできず、豊かにすることもできない。
経験も、生命も、死もまた然り。

魂はやってきた時と同じように、去って行くのだ。
我々に何も求めず、我々から何を奪うこともなく。

R0016056.jpg

R0016058.jpg

R0016059.jpg

  1. 2013/01/03(木) 17:28:38|
  2. break on through to the other side
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピリオド

年末で終了となったfragment 24.
最後だからと云う訳でもないですが、タオルセットを買ってみました。

何の変哲も無いタオルですがサンダーマークの刻印と
ピスネームがその証になってます。

また、次なるEコマースの展開もあるとの事なので、
楽しみに待ちましょうかねー
R0016145.jpg

R0016147.jpg

R0016148.jpg

R0016150.jpg

R0016149.jpg

  1. 2013/01/03(木) 00:08:32|
  2. fragment design
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤青黄桃緑紫



  1. 2013/01/01(火) 22:08:17|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

poptones1979

Author:poptones1979
ⒶNARCHY COMES NATURALLY

Instagram : @poptones1979

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

MUSIC (411)
MOVIES (85)
ART (61)
GEAR (170)
TV (47)
MAGAZINE (74)
BOOK (33)
GUITAR (9)
BACK TO CHAOS (155)
FIGURE (20)
fragment design (43)
BEAT MASTER (30)
MEMORIES (11)
THE BEATLES (14)
SLICE OF LIFE (49)
intermission (57)
break on through to the other side (16)
未分類 (54)

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2カウンター