FC2ブログ

ONLY ⒶNARCHISTS ARE PRETTY

DⒶNGEROUSLY CLOSE TO LOVE

iPhone5

予約していたiPhone5が到着しました。

セットアップして電話開通して、そしてiTunesに繋いだらデバイス表示されなくてーー
調べたら、iTunes10.7に対応しなきゃiPhone5は繋がらんと・・
で、その為にはPCのアップグレードが必須であると・・
それはマウンテンライオンであると・・
で、自分のMacBookはマウンテンライオン対応じゃない、古いPCだって事が判明ー

結果、iTunesの最新アップグレードのインストールが出来ず、
iPhoneの同期が出来ないっつー(泣

iPhoneの為にPC買い替えなきゃならんのか??
4年経ってるし、しょうがないのか??
どうしようかなーー
少し考えよっと。

本体自体は、かなり軽くなって逆に落としそうです(笑
R0015426.jpg

R0015427.jpg

R0015428.jpg

左から、iPhone3G/iPhone4/iPhone5です。
マイナーチェンジじゃつまらないんで、2年毎に機種変してます。
R0015423.jpg

R0015430.jpg

スポンサーサイト



  1. 2012/09/30(日) 19:49:44|
  2. GEAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Peter Saville Show 2003

love will tear us apartとくれば、デザインはこの人ピーター・サヴィルです。
ジェイミー・リードと並んでUKアートのVIPですね。

2003年当時のエキシビジョンのフライヤーをファイルしてました。
レトロスペクティヴなので、ジョイ・ディヴィジョン以外の
アートワーク/グラフィックワークも網羅したエキシビジョンだったのを覚えてます。
ロキシーミュージックやスウェードも手掛けてたんですよね。
R0015293.jpg

R0015292.jpg

R0015291.jpg

で、こっちは洋書で購入した作品集ー
R0015411.jpg

心躍る『Unknown Pleasures』の3Dバージョンがカバーです。
R0015409.jpg

イメージを刺激するアートワークです!
R0015410.jpg

彼は色使いや人工的な所が大好きなんですよ。
自然界に絶対ないでしょ、こんな世界観。
デカイ面のカオスにコスモスを注入するかのような強引な感じが良いんだよな〜〜
R0015413.jpg

アートや音楽や映画って、自分にとっては人生とか生活とかたわいのない
無意味な物に冷水ぶっかけるような、一つの秩序を樹立するような
暫定政権の瞬間を体感しているようなもんなんですよねー

だから、それ自体が自立した時間やリズムに連れて行ってくれれば大成功な訳です。
あ、ファッションにもそういう側面を感じてます。
着ると小さく(大きく?)自分が変化するでしょー??

まぁ、平たく言えば気分がイイって事ですけど(笑
R0015417.jpg

R0015418.jpg

R0015419.jpg

R0015420.jpg

このカラー使いとか大好きです。
R0015421.jpg

R0015422.jpg

  1. 2012/09/29(土) 18:54:42|
  2. ART
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛はまたしても僕たちを引き裂く

ハニカム編集長の鈴木さんのブログエントリーで初めて知りました。
こりゃーすっげーイイっすね!!

最も鈴木さんはこのライヴはユル過ぎてスタジオ版の方が良いって言ってますが、
自分はこのライヴバージョンで魂抜かれました。

セカンドボーカルの最後のリフレインが特に良いです!
ボサノバ × ニューウエイヴがコンセプトなのかなー?
PILやXTCのカバーもあって、アルバムも良さそうですな。



When routine bites hard           日常がつらくなり
and ambitions are low             野心も消え失せて
And resentment rides high          怒りが高まっても 
But emotions won't grow           感情がついてこない 
And we're changing our ways,        僕たちはやり方を変え
taking different roads             別の道を歩み始める
Then love, love will tear us apart again   愛は——愛はまたしても僕たちを引き裂く
Love, love will tear us apart again      愛は——愛はまたしても僕たちを引き裂く  

Why is the bedroom so cold         なぜ寝室はこんなに寒いのか
You`ve turned away on your side.     君は背を向けて眠る 
Is my timing that flawed?           僕のせいでひびが入り
Our respect run so dry.            尊敬し合う心も乾くけど
Yet there's still this appeal that       まだ惹かれているから
We've kept through our lives         僕たちは共に暮らしている

But love, love will tear us apart again    けれども愛は、愛はまたしても僕たちを引き裂く
Love, love will tear us apart again      愛は、愛はまたしても僕たちを引き裂く 

You cry out in your sleep           君は眠りの中で叫んでいる
All my failings exposed            僕の失敗をことごとく暴露した
And there's a taste in my mouth      口の中に苦味が残る
As desperation takes hold           自暴自棄に陥ると
Just that something so good just      うまくいっていたことが それ以上機能できなくなる 
can't function no more.

But love, love will tear us apart again    けれども愛は、愛はまたしても僕たちを引き裂く

  1. 2012/09/29(土) 17:32:49|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神は細部に宿る#3

んっ??

R0014927.jpg

・・・
なんじゃこりゃww
R0014928.jpg

  1. 2012/09/27(木) 01:23:31|
  2. SLICE OF LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PUNKとはリストバンドである #24

や〜〜っと到着しましたー
PEEL&LIFTのリストストラップ!!
なんたって今一番熱いブランドです!!

次号の『OUTSTANDING』で特集されてるみたいですし、
ますます目が離せません。
ただ、大ブレイクして買い難くなるのがヤダなー(笑

さて、リストストラップですが、ファーストデリバリーって
フジロックとタイミングが同時で購入出来ず。
ネットで探しまくりましたが、完売が早かったー
今回のセカンドデリバリーで手に入れる事が出来ました。
今なら探せば買えると思います。

中古加工を施した、拘りデザインのボックス入り。
R0015331.jpg

さすがP'N'L、レザーの厚さや質感とストラップの金具に到るまで
過去のロットンモチーフブレスでは最高峰の出来!!
ハト目のサイズから打ち込みの幅まで完璧ですー
今後、他のブランドでこれ以上の物を作るのは難しいのでは・・・
そのくらい素晴らしい出来です!!
R0015335.jpg

しかもサイズまであるという拘りよう。
自分はLサイズにしました。
この出来ですから、2色買いは当然です!
R0015339.jpg

R0015338.jpg

付ける向きも好みが有ると思いますが、
自分も気分でくるくる回して装着してます。
R0015341.jpg

R0015342.jpg

R0015343.jpg

R0015344.jpg

ジョニー・ロットンモチーフのリストストラップ集。
P'N'LからAFFA〜ロボットまで・・
このタイプがなければ、ここまでブレスに入れ込まなかったと思います。
R0015346.jpg

  1. 2012/09/23(日) 15:05:22|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神は細部に宿る#2

アンダーカバー青山のエントランス。
以前写真に収めてアップしてなかったんですよね。
思い出したんで上げてみました。

良く見ると、小暮修と乾亨も目をくり抜かれてます。
これ、かなりのインパクトでしたねー
JONIO氏らしいアートワークです。
R0014932.jpg

R0014931.jpg

改めて、こりゃスゴいな!
R0014930.jpg

  1. 2012/09/23(日) 01:05:38|
  2. SLICE OF LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

club snoozer / TOUR THE STONE ROSES 2001

2001.3.23. 新宿リキッドルーム

個人的に・精神的にかなりつらい時期だったんだよなー
基本在宅組なんでよく行ったなオレ。
ローゼズじゃなかったら絶対行ってないね。
やっぱ、あのアルバムはオレにはデカイわ。
R0015290.jpg

会場で発売された、宮下氏がデザイナー時代のナンバーナインのローゼズTシャツ。
waterfallのシングルジャケを反転させたデザイン。
今年のフジロックで着てるヤツたくさん見たな〜
良かった着ていかなくて(笑
R0015329.jpg

有りものボディに、上からネームを付けた仕様です。
R0015330.jpg

  1. 2012/09/22(土) 14:24:47|
  2. GEAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

worlds end classics/BORN IN ENGLAND

ワールズエンドクラシックスのバナナバッグを手に入れました!
クラシックスってのは、所謂、再発物ですが、
当時のモノなんて買えやしないんで、自分的には充分です。

むか〜し、スウェードのカモフラージュレザーで同じの持っていたんですが
手放してしまい存在を忘れていたんですけど、偶然ネットで発見しちゃいましてねーー

夏に購入した、それっぽいマウンテン”麦わら”ハットとか、
ワールズエンドセルフリヴァイヴァルもあって無性に欲しくなっちゃたんですよね。
コンディションまずまずで、そこそこ安かったんで嬉しいです!

で、同じクラシックスのバッファローコートと組み合わせてみました(笑
R0015323.jpg

良く見るとロゴの型押し刻印もあります。
R0015324.jpg

このネームはやっぱり思い入れがあってイイっす。
R0015326.jpg

さてさて、どんなカスタムしようかな〜〜
R0015328.jpg

  1. 2012/09/20(木) 23:34:03|
  2. GEAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アレキサンダージラルドクッション

雑誌のスクラップが大量にあるんですが、そこでこんなの発見ー

エレクトリックコテージって呼んでた頃だったか、HF氏の事務所の写真です。
切り抜きなんで、何の雑誌だったかはさっぱりわかりませんが・・
ヒロシさんて、暖炉好きなんですよねー
今もここが事務所なのかな〜??

で、目に留ったのは向かいのソファのクッション。
R0015269.jpg

アレキサンダージラルドのファブリックのクッションですよ。
R0015270.jpg

HF氏が所有してるのを知らないまま、自分もhhstyle.comが遊歩道にあった時に
2種類買ってたんですよねーー
偶然でしたが、オレの目利きも確かだなと一人納得して嬉しかったのを思い出しました。
R0015283.jpg

ブルー好きの自分が赤も手に取ったのは、これも頭によぎってだったんです。
『ブリキの太鼓』のオスカル・マツェラート!!
この映画、自分の人生映画チャートのNO.1を走り続けている
大好きな映画なんですよ〜〜!!
ジョニー・ロットン、ルイ・フェルディナン・セリーヌと並んで、
オスカルちゃんは、自分の中で3大ニヒリストです。
ただ彼等はニヒルですけど、自殺したりしない精神は持ってますもんね。

このブログでも初期の頃にエントリーしましたね。
思い入れをこの柄に込めました(笑
img_584715_14449625_5.jpeg

  1. 2012/09/17(月) 22:10:28|
  2. GEAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAMIE REID UP THEY RISE

1989年ですから、23年前のフライヤーとチケットの半券です。
どこかにあると思ってましたが、整理してたら出て来ましたよ。
当時からコレクター体質だったんだな(笑

我ながら、保存状態も結構イイです。
渋谷のパルコで開催されたエキシビジョンでしたね。
懐かしいーー

ジェイミーの作品がコラージュされたフライヤー。
R0015162.jpg

R0015164.jpg

R0015165.jpg

これがチケットの半券ですー
R0015170.jpg

  1. 2012/09/17(月) 02:00:54|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SUE & SOO

以前手に入れたmercのフィギュア。
SUEちゃん。
R0014958.jpg

なんと言おうと元ネタ(笑
SOO CATWOMAN〜〜〜
R0014957.jpg

  1. 2012/09/12(水) 23:55:51|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徒然雑感録

このブログってアップすると、エントリータイトルが
そのまま同時にツイッターでツイートされる設定にしてるんですよー

自分のツイッターは、titleのTORU-EYEさんやPEEL&LIFTの細谷さんもフォローして頂いてまして、
しかも、たまにリツイートして頂いたりして感激しておりますー

アクセスが少しずつ伸びてるもんな〜
昔のエントリーで拍手くれる方がいたりして、義務じゃなく飽きずに継続してると
面白いもんだな〜と思う今日この頃です。

P'N'Lの仙台リミテッドショップも行きたいな〜〜
時間も予算もなーーい(泣

じゃ、意味も繋がりも全くありませんがここでBOW WOW WOWを1曲(笑
あえて言えばPUNK〜POST PUNK〜NEW WAVEってのが発想の根幹に
あるって事でしょうね。



  1. 2012/09/09(日) 19:10:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PUNKとはタータンチェックである #2

HF氏がツイッターにアップしていた写真です。
昔のA LITTLE KNOWLEDGEの画像ですねー

レッドタータンのセディショナリーズセットアップです。
状態がめちゃめちゃイイですよねー

HF氏
IMG_1515.jpg

こちらは若かりし頃のHF氏。
ニューロマンティックス入ってます。
ワールズエンドのブレイカーシューズかな〜、これ??
カッコいいコーディネートですねー
R0013566.jpg

ロボットの扉前で・・
今も同じ場所で健在です!
574580056_102.jpg

マルコムが着用してるのは『THE GREAT ROCK'N'ROLL SWINDLE』で有名ですよねー
o0586073311791102104.jpg

  1. 2012/09/07(金) 00:14:26|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

性差を超えろ!!!

今日の鋤田氏みたいになってますが、今回は耽美的ですらある男の化粧の写真です。

まぁ、ヴィジュアル系とかのハシリの人たちですけど、スタイルになる前だから
世間の風当たりはかなりスゴかったと思うな〜〜

ジョー山中氏。
R0015054.jpg

山口富士夫氏。
眉無しカッコ良過ぎだよー、
R0015055.jpg

土屋昌巳氏。
ギターもカッコいいんですよ!
R0015062.jpg

アダム・アントは性差を超えると云うよりは、スタイルって感じですけどね。
一瞬すっごくブレイクしました。
キャッチーなルックスと祭り太鼓のようなリズム隊がキモのバンドでした。
R0015064.jpg

耽美派の最高峰、ブライアン・イーノ。
ハゲてるのに日常に亀裂を入れて行くような異様なルックス!!
最高です!!!
R0015056.jpg

  1. 2012/09/05(水) 23:39:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LET IT ROCK

鋤田正義氏のフォトの中から、かなり体内温度の上がった奴をいくつか紹介ー

これコーフンしたな〜
かなりレアなLET IT ROCKの画像ですよ。
これ初めて見たんですが、こんな時代にロンドンに行ってるんだもんなー
イイ写真だな〜〜
R0015045.jpg

で、ジョーダンね。
エキシビジョンではジョルダンって注釈でしたけど、
やっぱジョーダンって表記の方がシックリくるな。
これは鋤田氏の写真だってのは知ってました。
これもカッコいい写真ですねー
R0015058.jpg

R0015048.jpg

デビーはロットンと同じリフティングリストストラップなのかな??
R0015049.jpg

あの時代のロンドンの匂いが充満した、素晴らしい写真です!!
R0015046.jpg

  1. 2012/09/05(水) 00:03:03|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SCUM

ジョニー・ロットンやグレン・マトロックが良く着用していた、
SEX/SEDITIONARIESのシャツの生地プリントをモチーフにしたハンカチを手に入れましたー
ブランド名はSCUM!

ツイッターでPEEL&LIFTの細谷氏が購入するとかつぶやいてたんで
気になってたんですよね。
アイディアというか目の付けどころは面白いです。
R0014997.jpg

所謂バンダナよりはサイズが小さいし、生地感が予想以上にレーヨンみたいでねー
もう少しコットンなイメージだったんですけど・・
一回洗ってみよう〜
R0014999.jpg

R0014950.jpg

  1. 2012/09/03(月) 23:08:36|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOUND & VISION

アルバム『LOW』収録の大好きな曲です。

デヴィッド・ボウイの各所への影響って、やっぱかなりスゴいっすねー
音も発言も作品も決してオールドウエイヴではないし、
パンクの礎を築いたと云っても過言ではないもんね。

気付くと口ずさんでるような曲が、山ほどあります。

  1. 2012/09/03(月) 00:10:31|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鋤田正義写真展 きれい

で、こちらが渋谷で開催している写真展です。
2件はしごしたんですが、半券でディスカウントになる仕組みでした。

えらくコストのかかってそうな紙質のフライヤーです。
ボウイとシルヴィアン・・
R0015040.jpg

・・そしてT・REXの3種類ーー
それぞれ3枚もらっておきました(笑
R0015039.jpg

R0015041.jpg

R0015038.jpg

  1. 2012/09/02(日) 21:11:51|
  2. ART
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SUKITA MASAYOSHI RETROSPECTIVE SOUND & VISION

こちらは、恵比寿で開催中の鋤田正義回顧展。
タイトルはデヴィッド・ボウイのナンバーから取られてます。

しかし、こういう回顧展を見せられると、
本当に偉大なフォトグラファーだってのが分かりますねー
レアショットから、心に刷り込まれているイメージまでを、
大判のプリントで堪能出来る素晴らしいエキシビジョンです。
R0015033.jpg

R0014994.jpg

R0014993.jpg

R0015042.jpg

  1. 2012/09/02(日) 21:00:06|
  2. ART
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BOWIE × SUKITA 『Speed of Life』

先日、鋤田正義氏とデヴィッド・ボウイの写真集『SPEED OF LIFE』の刊行を記念した
エキシビジョンに行ってみました。
写真集購入の導線としての、フリーエキシビジョンだったので、
そんなに贅沢な内容ではありませんでした。
ただ、メイプルソープもそうですが、こういうのは行っといた方がイイんです。

写真集欲しいけど、バカ高いんだよな〜
セッズなら買ってるけど、ボウイにそこまで金は出せない(笑
R0014988.jpg

R0014989.jpg

R0014990.jpg

  1. 2012/09/02(日) 20:45:30|
  2. ART
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

poptones1979

Author:poptones1979
ⒶNARCHY COMES NATURALLY

Instagram : @poptones1979

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

MUSIC (411)
MOVIES (85)
ART (61)
GEAR (170)
TV (47)
MAGAZINE (74)
BOOK (33)
GUITAR (9)
BACK TO CHAOS (155)
FIGURE (20)
fragment design (43)
BEAT MASTER (30)
MEMORIES (11)
THE BEATLES (14)
SLICE OF LIFE (49)
intermission (57)
break on through to the other side (16)
未分類 (54)

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2カウンター