FC2ブログ

ONLY ⒶNARCHISTS ARE PRETTY

DⒶNGEROUSLY CLOSE TO LOVE

VISVIM × UNDERCOVER × fragment design

ブルーのラバーソールをオークションで落としました。
VISVIM × UNDERCOVER × fragment designの夢のコラボ(笑)

HF氏がラバソをほとんど履かない事から見て、これはJONIO氏が主導しての
コラボなんじゃないかな~(あくまでも予測ですよ)

ジョージコックスとかの本格派と違い、スニーカー的な軽さが最高です。
元々、ホワイトは所有していたのですが、ブルーはレディースメインで
メンズサイズは少なくてレアだった記憶があります。

リンクのmidovicious氏が以前エントリーしていたnew balanceの
ラバーソールスニーカーA16も良かったのですが、その内買おうと思っているうちに
こっちを先に手に入れてしまいました。
R0012072.jpg

R0012074.jpg

これは2005年に購入したホワイトバージョン。
R0012076.jpg

R0012075.jpg

2点買いとか、何とかならんのかね?

はい、何ともなりませんな。

midoちゃんもそうですがPUNK物への執着は一生続くでしょうなー
R0012077.jpg

スポンサーサイト



  1. 2010/07/31(土) 15:27:18|
  2. fragment design
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CASH FROM CHAOS

マルコム・マクラーレン追悼Tシャツを

ここ

で購入。Paypalって便利ですな~

2枚買いは基本です。
R0012048.jpg

R0012049.jpg

オリジナルがブルー着てるし、外せないかなと・・
malcmclaren-tombraider-web.jpg

R0012050.jpg

  1. 2010/07/28(水) 00:45:03|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

everything in its right place

全てはあるべき所にある・・・



  1. 2010/07/25(日) 19:57:31|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

in heaven,everything is fine

天国では全てが素晴らしい・・・



  1. 2010/07/24(土) 22:30:35|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

URCR A100

トム・ヨークも顧客に名を連ねる、
UNDERCOVERのスニーカーが到着しました。

ショーツ/クロップド/ロールアップに最適で、
シューレース無しではけるギミックスニーカーです。
ハト目部分の、歪んだ加工がお気に入り。

UCは、時々スゴくツボに来る物を出してくるんでチェックは怠れません。
AWもこの連休に立ち上がったみたいなんで、その内見に行こう~
R0012014.jpg

R0012015.jpg

R0012016.jpg

R0012017.jpg

R0012019.jpg

  1. 2010/07/19(月) 22:16:35|
  2. GEAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

告白

ちょっと気になって見て来ました。
好きだったり思い入れがある役者が出てると、こちらも構えちゃいますけど
この映画は、そういう人が全くいないのでフラットに楽しめました。

テーマや物語はヘビーですが、巧くエンターテインメントに昇華してると思いました。

結果、この曲が良かったっていう・・
RADIOHEADサスガです・・・ってそこかい!


  1. 2010/07/19(月) 14:28:42|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2001:A SPACE ODYSSEY

『我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこに行くのか』
先日エントリーしたゴーギャンの絵画のタイトル繋がりで・・・

哲学的・形而上学的に、その意味の一端を見る事が出来る
巨匠スタンリー・キューブリックの、永遠のマスターピースです。

あまりにも有名で恥ずかしいくらいですが、このとんでもないクオリティで
1968年頃に公開されてるはずだから40年以上前ですよ。

公開後、科学的な間違いがいくつか指摘されたようですが
内容には些かの影響もないでしょう。
【本当の事】を探求した、哲学的叙事詩です。

君の傍らにモノリスはあるか?


  1. 2010/07/16(金) 00:56:54|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PUNKとはリストバンドである#6

今日は、久々UNDERCOVERISMのブレスを装着。
スクエアなスタッズが珍しくてお気に入り~

R0012000.jpg

R0012001.jpg

R0012004.jpg

  1. 2010/07/14(水) 00:22:47|
  2. GEAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこに行くのか

クリムゾンかっ!! プログレかっ!! スゴいタイトルです。

展覧会に行けなかったのですが、この長い哲学的/文学的なタイトルの絵画は
ポール・ゴーギャンの大作です。
 
タイトルを知ってからは、実物を見てみたかったのですが
結局、足が向かなかったんですよね~
人物造形やタッチが、好きではないからというのもありますが
こんな、ある意味身も蓋もないタイトルは気になっていたのですが・・

ここに至るまでの軌跡も色々ありそうですし、勉強してさ、
機会があれば今度は是非!

o0733027110195926923.jpg

  1. 2010/07/11(日) 22:44:03|
  2. ART
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャプテン ウィラード

ライトニングスカーレットも良いけど、これも好きですねん。

I wanna be your trick star 思いのまま賭けをするのさ~負けを知らずに~
I wanna be your cheap toys 欺かれ時の彼方に~消える~♪

ウィラードって『地獄の黙示録』のウィラード大尉からとってるんだよね、確か。
カッコいいわ。


  1. 2010/07/11(日) 01:13:26|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SLICE OF LIFE #7

R0011919.jpg

R0011924.jpg

R0011927.jpg

  1. 2010/07/08(木) 19:31:37|
  2. SLICE OF LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HOTTEST BAND IN THE WORLD!KISS!!

midovicious氏のエントリーにリンク!
この『detroit rock city』って映画、なかなか楽しい青春物なんですが、
KISSに夢中だった中学時代の自分を見るようでこれがまた良いのです~

脚本も演出も俳優もマッチしていて、予想の何倍も面白くて
得した気分でした。ロックに恋に仲間に・・

ちなみに最終シーンの映像なのでネタバレ注意です。
最後も本当に良く出来てるんですよね~
なにが良く出来ているかを説明したいのですが・・
やっぱやめよう。もったいないから(笑)
未見の方は、本編でお楽しみを!

以前大槻ケンジがTVで言ってたんですが、
KISSを、歌舞伎みたいに世襲制にして、2代目3代目と続く
伝統芸能みたいにすれば良いのにと云う意見。
大賛成!! そうすればオリジナルメンバーに拘らなくても
生きのいいライヴがず~と見られるしね・・


  1. 2010/07/07(水) 00:01:03|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PUNKとはリストバンドである#5

今回のリストバンドはAFFA!
ジョニー・ロットンモチーフの一品で、一番使用した物ですので
めっちゃいいアジが出ています。

R0011989.jpg


R0011984.jpg

R0011992.jpg

こちらはジョニーのオリジナル。
R0011995.jpg

R0011999.jpg

  1. 2010/07/04(日) 23:55:44|
  2. GEAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Horace Andy

マシッヴ・アタックを聴いていなければ、出会う事も無かったんだろうな~
~のホラス・アンディ。 
この声、至宝です。

この曲大好きなんですが、収録されているアルバム『Living in the flood』は最高ですぜ。
ジョー・ストラマーの作品も収録されてますよ。


  1. 2010/07/03(土) 02:34:57|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レーゾンデートル

PKの結果はともかく、このパラグアイのバルデスって選手には
本当に驚いたので書かずにいられません。

日本同様、勝てばパラグアイ初のベスト8という中でのPK勝ち。
歓喜の輪から一人、PKを外した敵国のキッカーである
駒野に声をかけにくる行為!!
試合中のスポーツマンシップならいざ知らず、
勝ってチームメイトと盛り上がっている中のこの行為!!
自分に置き換えてみても、あの立場なら全く考えられないあの行為!!
逆に日本が勝って、同じ事が出来る誇れる人材がいるでしょうか?

ネットで画像を見つけて、心底ビックリしました。
ある種の諦念と、それでも前進への意志とリスペクトを感じる視線とスキンシップ。
ホントにカッコいいです。
涙が溢れて来ました。

パラグアイは世界に誇っていい選手ですね。
俺にとってはハイライトです。
x6101s.jpg

scr1006300737063-p12.jpg

scr1006300737063-p1.jpg

view9563856.jpg

  1. 2010/07/01(木) 23:54:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

poptones1979

Author:poptones1979
ⒶNARCHY COMES NATURALLY

Instagram : @poptones1979

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

MUSIC (411)
MOVIES (85)
ART (61)
GEAR (170)
TV (47)
MAGAZINE (74)
BOOK (33)
GUITAR (9)
BACK TO CHAOS (155)
FIGURE (20)
fragment design (43)
BEAT MASTER (30)
MEMORIES (11)
THE BEATLES (14)
SLICE OF LIFE (49)
intermission (57)
break on through to the other side (16)
未分類 (54)

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2カウンター