FC2ブログ

ONLY ⒶNARCHISTS ARE PRETTY

DⒶNGEROUSLY CLOSE TO LOVE

ショーケン

ジュリーにはもう少し痩せてもらわないとな~  
じゃ、こちらはライバルの萩原健一を・・・笑

ショーケンが自伝出版したときかな、何かの雑誌で(元)ビギの菊池武夫
とインタビューしていて、また組んで何かやるみたいな事言ってたような気がしますが
違ったかなー。その後の小暮修とかやって欲しいな~
ちなみに、左下の小説はその後の『傷天』です。

自伝も面白かったですよ。
一番興味深かったのは故松田優作氏とのやり取りや、ショーケンのコメントでした。
優作氏はショーケンをライバル視してたようですが、ショーケンのライバルは
やっぱりジュリーでしょうね。日本のデヴィッド・ボウイですよっ!

ショーケンにももう一発、カマしてもらいたい物ですが・・
声ひっくり返るの病気らしいし、俳優で歌手なんだからキツいですよねー
はまり役の映画がみたいです。
頑張れショーケン!!

R0010327.jpg
スポンサーサイト



  1. 2009/02/28(土) 23:36:36|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

革命の終焉?

いやぁ、ビックリしましたねー
N(N)解散?終焉?
なんか09AWで終了とか・・ 2/20で宮下氏が脱退って表現もありましたが・・・
レボリューションno.9の終焉か。

↓このゴッホタッチのカートTシャツと、こないだのエントリーで紹介した『SNOOZER』
 のクラブ スヌーザーってイベントで購入したSTONE ROSES Tシャツしか
 持ってませんが、景気も関係ありそうだしなー
 レザレクションに期待しましょうか。
7416600_o2.jpg
  1. 2009/02/28(土) 01:26:22|
  2. GEAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ONCE UPON A TIME IN HOKKAIDO # 2

ー友よ安らかに眠れー


  1. 2009/02/27(金) 23:40:36|
  2. MEMORIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MAGAZINE FOR GIRLS & BOYS TANGLED UP IN BLUE

創刊から全て購入している雑誌シリーーズ!・・笑

 =ブルーにこんがらかった少年少女の為の雑誌=

まぁ、まーったく自分はBOYSじゃありませんが(笑)、タナソウの発言が面白くて、
ず~っと買い続けている『SNOOZER』
元『rockin'on』の副編集長だったタナソウが立ち上げて、時には『rockin'on』にも
噛み付いて揉めたりしてましたー 笑
タナソウって、渋谷陽一氏が言う所の現実との摩擦係数は
かなり高いモノがあるのでは・・・

あと、『HUGE』もね。
R0010677.jpg
  1. 2009/02/26(木) 23:25:46|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丘の上のパンク

今日のトピックはなんたってこれ!
絶対発売日購入!!
今日の夕方以降に一部の書店の店頭に並んだらしい
川勝正幸氏の『丘の上のパンク』
HFフォロワーや同時代を体験した人間としては、楽しみだった作品。
元はSENSEの連載で、書籍化するって言ってから5年とか経ってますからねー
ドキュメントとしても裏原宿(変な言葉ー)の追体験のスリルとしても、
た・の・し・み・で・す。

表紙の帯は小暮徹氏の写真で、メンズノンノの連載『ア リトル ノーレッジ』
の第一回の写真です。
R0010672.jpg

ロンドンはWORLD'S END前のHF。
ロンドンに行ったときに、この店に2時間くらいいたような記憶があります。
なんと、その時横でTHE WHOのロジャー・ダルトリーが買い物してたんですよー
R0010673.jpg

ヴィヴィアンとHF。
R0010675.jpg

こっちはマルコムとHF。これが83年とかですもんねー。
早熟だよなー 俺、メタラーだったなー・・・笑
R0010676.jpg

ホントに楽しみです!!
  1. 2009/02/25(水) 22:30:05|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

intermission #6

R0010670.jpg

R0010669.jpg
  1. 2009/02/25(水) 01:06:05|
  2. intermission
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

beautiful furniture #2

BANG & OLUFSEN の電話機です。

まぁ、携帯中心でそんなに使わないのですが、なるべく好きな物に
埋もれていたいので7年くらいまえに購入しました。
こりゃアートですわー

R0010472.jpg

R0010473.jpg

こちらは、カルテルで購入したフィリップ・スタルク作品。
結構安く買えるデザイナーズ家具ですね。蓋になっていて小物とか収納も可能です。
タバコ吸っていた時代にタバコケースにしてましたが、今は空です。

R0010478.jpg

スタルクはこの炎のオブジェで有名です!
日常に亀裂を入れるような異物感がサイコーな一品。
asahibeer070610.jpg


  1. 2009/02/23(月) 23:37:03|
  2. GEAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DENNIS MORRIS

プロフィール画像を替えたので、そのデザインをしたデニス・モリスでも紹介を。

この有名なロゴ(大好きです!)、デニスとジョン・ライドンと
IDマガジンのテリー・ジョーンズがデザインしたって聞いてましたが、
コピーライトはデニスが所有してるんでしょうかね?
割と頻繁にエキシビジョンも開催していて、museum neuってネットでも
Tシャツや写真の販売をしてました。(何枚も買っちゃいましたー)

pilk.gif


こちらは、写真集『DESTROY』の洋書とrockin'onから出版された日本版。
R0010609.jpg


この本の詳細はよくわかりませんが、表紙写真は『METAL BOX』時代の
アウトテイクのようです。昨年、森美術館で開催していたエキシビジョンに
出てましたー
JohnLydonBook.jpg


で、こないだ購入したUNDERCOVER×DENNIS MORRISのPILリング。
ちなみにスカルリングはむかしロンドンで手に入れた、CRAZY PIG!
R0010256.jpg
  1. 2009/02/22(日) 18:23:24|
  2. ART
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

fragment design #3

確か2003年あたりに購入した、fragment design × Be-bike の
16インチフォールディングバイク。
休日限定乗車ですが、7段変速のギア付きで軽快な走り・・笑
お気に入りです。

R0010558.jpg

R0010535.jpg

R0010529.jpg

  1. 2009/02/22(日) 02:54:26|
  2. fragment design
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

multi-media mix magazine

10年以上購読していたカルチャーマガジンの一つ、『STUDIO VOICE』

完全インドア文化系の自分には刺激的な雑誌でした。
雑誌って増えると邪魔で、いくつか抜粋して残りは売っちゃいましたけど・・

雑食的な知識欲があった時代にむさぼるように読みました。
左上のACID AGEは1990年9月号で最初に買ったSVです。

ドラッグ/不良(カバーはジョニー・デップ!)/ビート/ゲンズブール
ゴダール/パンク/ウォーホル/フェリーニ/モッズ/マンチェスター
クラブ/映画などなど、特集が良かったんですよー

表紙やアートディレクションもカッコ良くて、所有欲・保存欲をかき立てる雑誌です。
今でも、特集によってたまに買ってます。

R0010396.jpg
  1. 2009/02/21(土) 19:35:07|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

intermission #5

R0010074.jpg

R0010073.jpg
  1. 2009/02/21(土) 00:00:30|
  2. intermission
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BEAT MASTER #1

Smashing Pumpkinsのジミー・チェンバレン!
テクニカルでなおかつグルーヴがある最高のドラマー。
左手の絶妙な使い手です。
CDよりBPMを格段にスピードアップして、グイグイ引っ張って行く感じが
スゴいんですよー


  1. 2009/02/19(木) 22:46:06|
  2. BEAT MASTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE DAMNED

リンクのmidovicious氏とのリレーでひとネタ。

イタリアの巨匠、ルキノ・ヴィスコンティの1969年の名画、
『地獄に堕ちた勇者ども』 英語タイトルは『THE DAMNED』

で、ダムドのデビューアルバムの日本語タイトルは『地獄に堕ちた野郎ども』と・・・
俺の好きなリレーがまたここにー スリルですなー!!

しかも、リバイバル上映で見たときのパンフまでありました ↓
この映画ってかの三島由紀夫も絶賛していた作品です。
ちょっと長いけど、重厚な作品でしたね。
随分見てないので記憶が定かじゃありませんが、
ダーク・ボガードやイングリッド・チューリンなどの名優が出ています。

R0010566.jpg
  1. 2009/02/18(水) 22:36:43|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コレクション#2

ディズニーランドって嫌いです。
人生で1回だけ行った事ありますが、全くもってつまらなかったです。
二度と行かないって決めました。
そういや、昔テレビでネズミ御殿て言ってる人がいて痛快でした。

な・の・ に、これは買っちゃいましたー
ペニースミスというフォトグラファーが撮った有名なジャケットの
ポール・シモノン!! UKオリジナルパンクの男前筆頭のようなヤツです。
しかもプレスリーのアルバムジャケットのパロディー/オマージュなんですよねー
R0010484.jpg

これは『ALIVE !』の頃のKISS ! ! 地震でドラムが床におちて壊れてます・・笑
R0010485.jpg

で、お約束のピストルズ関連とスカーフェイス関連・・
シドだけで何匹もいます!
R0010483.jpg

R0010480.jpg
  1. 2009/02/18(水) 00:47:45|
  2. FIGURE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

intermission #4

R0010564.jpg

R0010559.jpg
  1. 2009/02/16(月) 23:58:30|
  2. intermission
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その男、凶暴につき

サティつながりもどうかと思いますが、ここから全てが始まった
北野武の処女作『その男、凶暴につき』

深作欣二が監督を降りて、たけしにお鉢が回って来た偶然も味方にした作品です。
独特の間や描写など、その後の作風の萌芽が見て取れる重要作です。
サティも効果的に使われていますよねー
自分はオールナイトニッポンに大きな影響を受けたクチなので
(掃いて捨てるほどいるでしょうけど)当時は俳優からついに監督へって感じで
盛り上がったんですよー。


  1. 2009/02/15(日) 19:46:12|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジムノペディー

エリック・サティの静謐な中に憂いのあるメロディーが美しい絶品の一曲。

ルイ・マルの『鬼火』や北野武の『その男、凶暴につき』などにも
サティの楽曲が使用されていました。
JAPANの『NIGHT PORTER』あたりにもその影響が見え隠れしています。

独特のムード/トーンが出色の出来で、大好きな曲です。
映像はつまらないですが・・・季節なんかを超えた所で鳴っている音だと思いますー

  1. 2009/02/15(日) 16:12:11|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PUNKとはリストバンドである #2

最近、オークションで定価以下で落札した戦利品。
ウルフズヘッドとアンダーカバーです。
半袖の時期が楽しみですなー

R0010546.jpg

R0010537.jpg
  1. 2009/02/15(日) 15:02:19|
  2. GEAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

追悼

昨年の11月30日に亡くなったLOUDNESSのドラマー樋口宗孝氏。

以前のエントリーで紹介したコージー・パウエルのチルドレン/エピゴーネンから
スタートして、LOUDNESSは日本ヘヴィーメタル部門NO.1バンドになったんでしたー
RHYTHM & DRUMSマガジン追悼号とシグネチャーのスティックです。
スティックはパーツで分かれて付け替え可能です。全然知らなかったけど
進化してますな。
札幌時代のノスタルジーとして・・・
R.I.P ひぐっつぁん!

R0010518.jpg


  1. 2009/02/14(土) 23:16:14|
  2. BEAT MASTER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

This woman was once a punk !

パンクファッションの女王 ヴィヴィアン・ウエストウッド。
これは英国淑女って感じですが・・・
R0010360.jpg

うんうん、これはPUNKですなー・・笑 さすがです。
R0010355.jpg

ヴィヴィアン関連書籍とDVDやヴィデオです。
1987年に札幌から上京して来た当時、恵比寿のア・ストア・ロボットで
セディショナリーズのリヴァイヴァル復刻とヴィヴィアンってのが一番
トンガってたんですよねー
今のヴィヴィアンはさすがにあまり興味は無いのですが、何年に一度は
展覧会とか回顧展とかあって、まぁ出かけちゃいますね。
ANARCHY FOREVER !!  
R0010224.jpg
  1. 2009/02/14(土) 00:09:06|
  2. BACK TO CHAOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母と子、分断されて

昨年、六本木の森美術館で開催されていた『ターナー賞の歩み展』に行ったのですが、
お目当てはこれでした↓

ダミアン・ハーストの有名な作品『母と子、分断されて』

0291a.jpg

いやーインパクトありましたねー!!

もっとグロテスクな物を想像していたのですが、全くそんな事はなく
逆に引き込まれるようなパワーがありました。
間を通り抜けてじっくり見る事が出来ます。
chn11_rpt1694_R0010855_500.jpg

こちらは、120億円で落札されたらしい(本当かな?)ダイヤだらけのスカルオブジェ。
『FOR THE LOVE OF GOD』のメイキング本。
飛び出す絵本みたいです。
R0010493.jpg

で、森美術館で購入したTシャツです。
これまたインパクトスゴくて、着てると街で子供にガン見された事がありますー

パワーがあるアートって上がりますっ!!
R0010495.jpg

R0010500.jpg
  1. 2009/02/13(金) 00:03:20|
  2. ART
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コレクション

フィギュアコレクションの一部です。
なんでしょうかね、手軽なアートだと思ってるんですな。
マニアってほどじゃないですが、時々お気に入りが出るんで買っちゃうんですよ~

SEX PISTOLS物は必須科目みたいなもんです。
見つけると買っちゃいますね。
R0010458.jpg

R0010191.jpg

R0010456.jpg

R0010453.jpg

以前のエントリーで紹介した『SCARFACE』のトニーモンタナフィギュア。
デフォルメ具合がサイコーで、大のお気に入り。
R0010457.jpg

なんじゃこれ(笑)なんか勢いで購入。でもカッコ良くないですか、これ?
覆面レーサーは実のアニキですよ(笑)2台並べたくて購入したんでしたー。
R0010459.jpg
  1. 2009/02/11(水) 16:19:31|
  2. FIGURE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sleep Warm

なんか受賞は逃したみたいですがグラミー賞にノミネートされてたんですねー

その小山田圭吾氏のコーネリアスが偏執的なまでに音にこだわったアルバム
『Sensuous』の最終ナンバー。このアルバムはヴィデオの評価も非常に高いようです。
この曲、いい曲ですー


  1. 2009/02/10(火) 23:00:50|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I hate myself and I want to die

チャールズ・ピーターソンのNIRVANA作品集。
有名な写真の数々を撮影したフォトグラファーです。

R0010383.jpg

なんたって、これが一番かな。↓
UNDERCOVERの東京コレクション3回目のLAST SHOWでこの写真を使用した
アートワークのポスターがありました。1年後にショーは再会したのですが・・・
ポスターがカッコよかったのは良く覚えています。
R0010385.jpg

サイン入りです~!
R0010384.jpg
  1. 2009/02/09(月) 23:05:25|
  2. ART
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SEX

『SEX』

1988年から1992年にかけて連載された上条淳士氏の作品。
3巻がぜーんぜん発売されずにそのまま迷宮入りの幻の作品になりかけてましたが、
2004年から2005年に判サイズを変えて、全7巻コミックスとなって復刊しました。
連載は読まないたちで、3巻から先がコミックスにならず結末がわからず悔しかった
ので、うれしかったですね~
沖縄・福生・横須賀とか基地の街を舞台にしたピカレスク物ですが、キャラクターの
モチーフになったのが『THE STREET SLIDERS』のハリーと蘭丸でした。

どちらも、今見ると時代を感じてしまいますが、ヨコノリのストーンズ直系の音と
ハリーの歌詞はなかなか良くて、よくライブにも行ったものでした。

R0010337.jpg

代表曲は枚挙に暇が無いのですが、これを!

  1. 2009/02/08(日) 20:21:07|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LOVE & ROCKETS

そしてリレーは続きます。

tones on tail などを経由して、ピーター以外の3名が再び集結したバンドが
LOVE & ROCKETS!
これがまたカッコいいんですよね~ 
来日時(何年だったっけな?フライヤーやチケットの半券を探すの面倒です)
東京公演は3回全て行きました。
新宿のタワーでタナソウ司会のファン交流会とかもあり、いそいそと
出かけましたね~・・・笑
実験的な打ち込み主体の音からビッグバンド風・アコースティックな音などなど
解散までいわゆるオルタナティブな活動を続けていたバンドでした!


これは確か94年にUSAチャートで4位まで登り詰めた最大のヒット曲です。
音がでかいのでボリューム注意!!

  1. 2009/02/07(土) 21:50:33|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KICK IN THE EYE !

で、そこから付けた名前がbauhaus1919(1年くらいでbauhausと変名)
UKが誇るポストパンク/ポジティブパンク/ゴシックの王者(笑)
まぁ、ルックスも異常にカッコ良くて、音もニューウェイヴをもろに体現した
大好きなバンドです。
ちなみにpoptones1979ってのはbauhaus1919のアレンジです~
ダニエルアッシュのギターやサックス、デヴィッドJのベースのフレーズなど
本当にカッコいいです。ピーターマーフィーはちょっとアクが強いですが・・・
昨年には解散アルバムってのをリリースしてます。

98年の15年ぶりの再結成来日公演にリンクのmidovicious氏と出かけたんでした~
そのときのTシャツ今でも時々着てます。

こちらはデヴィッド J の編集による バウハウスファンのための限定本です。
シリアルナンバー入りの愛蔵書ですな。この手は見つけると買っちゃいます。
2003年のリリース。
R0010415.jpg

代表的なナンバーは非常に多くて絞りきれませんが、この1曲!

  1. 2009/02/07(土) 21:20:29|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

bauhaus 1919

現在のデザインにも大きな影響を与えている
ドイツの建築/美術の総合教育学校『bauhaus』

昨年の春に上野で開催されていたbauhaus展に行った時のポストカード。
展示数も非常に多く、充実の内容でしたー。
R0010398.jpg

こちらは、随分前にhhstyle.comで購入した洋書の日本版。
『bauhaus』の色使いとかデザインとか網羅しています。
R0010401.jpg
  1. 2009/02/07(土) 19:48:07|
  2. ART
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エクスタシー/メランコリア/タナトス

村上龍のモノローグ小説3部作。

ヤザキとかケンとか、村上龍の小説には自身を投影している(と思われる)
主人公が頻繁に登場するんですが、そのヤザキの独白を着火点にケイコとレイコ
という二人の女が絡み、その3人に翻弄される人たちも含めた人間の関係性を
麻薬やセックスやSMというモチーフを媒介に描いた小説3部作です。
『タナトス』がなかなか出版されずやきもきしたものです。
龍の小説では傑作とは言えないかもしれませんが、『エクスタシー』の最後の描写力
などは非常にパワフルですごいです!

小説っていわゆる読み物タイプと、読後のパースペクティブに影響を与えられるような
触媒のようなタイプとがあると思うのですが、龍の小説群は明らかに後者ですね。
ヘタなロックよりずっと刺激的です!!

R0010148.jpg
  1. 2009/02/05(木) 22:24:42|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北極猿

また音楽ネタだー
たまにはコンテンポラリーな音も行っときますかっ!
彼等はカッコいい音出しますね~ 
ギターの位置が逆にいいかも・・・笑
演奏/アレンジ素晴らしいです!


  1. 2009/02/04(水) 22:57:07|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

poptones1979

Author:poptones1979
ⒶNARCHY COMES NATURALLY

Instagram : @poptones1979

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

MUSIC (411)
MOVIES (85)
ART (61)
GEAR (170)
TV (47)
MAGAZINE (74)
BOOK (33)
GUITAR (9)
BACK TO CHAOS (155)
FIGURE (20)
fragment design (43)
BEAT MASTER (30)
MEMORIES (11)
THE BEATLES (14)
SLICE OF LIFE (49)
intermission (57)
break on through to the other side (16)
未分類 (54)

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2カウンター