FC2ブログ

ONLY ⒶNARCHISTS ARE PRETTY

DⒶNGEROUSLY CLOSE TO LOVE

THE EVERYDAY OUTFIT

毎度のHuge最新号。
R0018186.jpg

R0018187.jpg

チェックショール良い!!
R0018188.jpg

このシャツも良い!!
R0018189.jpg

色使い最高なファッションフォト!!
R0018190.jpg

マウンテンハット最高!!
R0018192.jpg

ラグジュアリー×パンク!!
R0018193.jpg

カート・コバーン×キャプテン・センシブルって感じ。
カッコいい!!
R0018194.jpg


スポンサーサイト



  1. 2013/09/29(日) 02:22:54|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Huge 10th ANNIVERSARY EVENT 『Summer Party』

ロック雑誌も買わなくなって、継続で購入し続けている唯一の雑誌『Huge』

10周年なんですね〜
代官山でこんなイベントがあったんで行ってみました。
R0018025.jpg

R0018026.jpg

このコラージュ良かったな。
R0018027.jpg

  1. 2013/08/25(日) 22:23:34|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

mastermind JAPAN / FINAL COUNT DOWN MAGAZINE 0

時代を疾走した感のあるmastermind JAPANの、カウントダウンマガジン最終号を購入。
表紙はキライっすけど(笑
川久保玲氏やNIGO(R)氏のコメントもあり。
インタビューも多く、充実の内容です。

アンダーカバーともナンバーナインとも違うブランディングで
ある意味時代の寵児となった本間氏の、次なるアクションに期待をしつつ・・
R0017562.jpg

R0017561.jpg

女の子のマスターマインドってカワイイな。
着てる娘見た事無いけどね。
R0017563.jpg

金曜深夜の『みんなエスパーだよ!』での吹っ切れた演技で
覚醒した感のある夏帆ちゃんもモデルで登場。
あのドラマくっだらなくて面白い〜
R0017564.jpg

R0017565.jpg

R0017566.jpg

R0017567.jpg

  1. 2013/06/24(月) 01:49:11|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

i bought

物欲刺激マガジンですかね。
HF氏が表紙なんで一応購入。

いろんなクリエーターの皆さんのモノ自慢で構成されてます。
HF氏の他、Peel&Liftの細谷氏も登場してパンク物のコレクションを紹介してます。
R0016827.jpg

R0016828.jpg

R0016830.jpg

R0016829.jpg

R0016831.jpg

  1. 2013/03/24(日) 19:16:04|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"Criminals We are" The forbidden sex boundary, Make heaven or break?

上條さん、ご本人からツイッターでフォローして頂きましたんで続きを(笑
文庫化されてるのは全く知りませんでしたんで嬉しいですね。
手に入れなきゃな!

この『sex』って作品は、オリジナル豪華単行本を2巻リリースした後、
3巻以降がリリースされないままで半ば伝説化して・・

当時ヤングサンデー連載だったのかな??
自分は単行本でまとめて読みたかったんで、結局その後を知らないままで・・

その後04年〜05年に初単行本化されたのがこれ!
いや〜まわりに知ってるヤツがいなくて一人で盛り上がったな(笑
やっぱ3巻のリリースはグッと来ましたー!!

”絵”と”間”が独特で、大好きなタッチでした。
当然、ストリートスライダースが好きだったとか
まつわるエトセトラも勿論あるんですけど、
細かく入るギャグとか、独特のタイム感とかコマ割りとか・・

良いんですよね〜
ロードムービー的な質感もありつつ・・

R0016572.jpg

R0016573.jpg

R0016574.jpg

R0016575.jpg

R0016576.jpg

R0016577.jpg

R0016578.jpg

R0016570.jpg

R0016571.jpg

R0016569.jpg

see you later??
カホちゃん、また会える??

  1. 2013/03/07(木) 20:06:26|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Huge 100TH ISSUE ANNIVERSARY

Huge最新号。

ラリー・クラークを中心に、相変わらずキレキレのフォト満載です。
唯我独尊といっても過言じゃないクオリティです。
R0016407.jpg

R0016411.jpg

R0016408.jpg

R0016413.jpg

こんなフォトのファッション誌ないって普通〜〜
最高!!
R0016412.jpg

  1. 2013/02/24(日) 01:32:37|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

L@ST ORGY

そういや宝島ってまだあるのかな??

当時、アンダーグラウンドなロックやファッションなんかのサブカル系雑誌の筆頭だったな〜
大麻特集とかわしづかみで直球な特集もやっていたトンガリ雑誌です。

その宝島で連載の、その後の影響力たるや絶大な物があるタイニーパンクスのLAST ORGY。
LAST ORGYってのはHF氏が名付け親みたいです。

タイトルロゴの変遷です。
R0015106.jpg

R0015107.jpg

R0015108.jpg

4回目にしてついに完成ですね。
やっぱ、サークルAはイイっすね(笑
この変遷を見るとデザインの洗練ってのが良くわかりますね。
R0015109.jpg

その4回目はロボットで再発されたセッズリバイバルの特集でしたー
若きタイニーパンクス!
ロボットでは今でもゼッズのリバイバル生産を続けてますんで、
原点回帰でたまに顔出しちゃいます。
R0015110.jpg

  1. 2013/02/14(木) 00:57:22|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SNOOOOOOOOOOOZER!!!!!!!

また、ちょっと引用。

      雑誌『スヌーザー』とは、
    文化的な豊かさであり、
   異なる価値観が共存出来るような幅の広さであり、
  敷居の低さと排他的なスノビズムの共存であり、
 テキスト以上に雄弁なヴィジュアルによる言語であり、
何よりもカタログではなく、本1冊全体で語りかける秘密のメッセージでした。
   by 田中宗一郎
 
なんてカッコいいんだ!!
終刊に向けてのお別れメッセージなんですけど、
SNOOZERってそういう雑誌でした、確かに。
この一節だけでSNOOZERの読者で良かったって思ったもんな〜

その昔SNOOZERから刊行されたディスクガイド。
R0016211.jpg

R0016210.jpg

R0016212.jpg

R0016217.jpg

R0016218.jpg

で、終刊にあたって、その後7月から秋にかけて(!)ディスクガイドを3冊出すと
公言したにもかかわらずーーー
あれ、一昨年の事だよ??

それなのに、ただの1冊も刊行されていないなんてどういうことだよタナソウ!!
最後の落としだねとか、お別れの挨拶とか言ってたじゃんか!!
発売日が遅れまくる雑誌なんて後にも先にもスヌーザーだけだっつーの!!
それをニヤニヤドキドキしながら待ってたんだから、待つのは慣れっこだけどーー
ローゼズの2ndじゃあるまいし、頼むよ〜〜!!

頓挫したとか、鋭意作成中とか、インフォだけでもくれよ〜〜!!
はぁはぁ(笑

いや、まじでタナソウさんお願いしますよ。



  1. 2013/01/05(土) 02:02:09|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帽子は世界を変える!


なんてちょっと大げさなタイトルですけど、EYESCREAMの最新号もジョンがカバーです。

R0015889.jpg

R0015890.jpg

R0015891.jpg

んで錚々たる面々の帽子着用カット。
リサーチのマウンテンハットも手に入れたし、今年は帽子ですな!
R0015892.jpg

  1. 2012/12/09(日) 17:53:06|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CONEY ISLAND JELLYFISH

永瀬正敏。
数少ない気になる俳優。
ファッション雑誌のカバー、まだ行けるんだな。

で、クールトランスって今はこんな感じなんだね。
完全に表紙買いで、内容は・・そうでもないっす。あしからず。

この刈上げスタイル流行ってるね。
ムラジュン氏とか西山徹氏とか・・
この辺のセンスがツボに来ますね永瀬氏の場合。
カッコいいわ。
R0015754.jpg

R0015755.jpg

R0015756.jpg

  1. 2012/11/29(木) 01:41:50|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モッズ/マンチェスター

ジャム時代のウェラーが表紙のモッズ特集。
リッケンバッカーかっこいいねー
R0015707.jpg

R0015708.jpg

必ず通る道、『さらば青春の光』
布袋氏はここからシングルのタイトルをサンプリングしてますね。
原題はTHE WHOの『QUADROPHENIA』
スタイリストの野口強氏プロデュースのUを筆頭とした
4ブランドのショップのネーミングソースはこれです。

スティングがモッズのエースとして登場、
カッコいいデコレーションヴェスパに乗ってるんですよね。

主役のフィル・ダニエルズは、後年ブラーのパークライフで
コックニーイングリッシュを聴かせてくれました。
R0015709.jpg

トリコカラー使い!
R0015710.jpg

東京モッズ!
オシャレだな〜
R0015713.jpg

マンチェスター特集号。
モリッシーーー!!!!
R0015714.jpg

イアン・カーティス!!!
R0015715.jpg

ローゼズ!!!
R0015717.jpg

スミス!!!
R0015718.jpg

ピーター・サヴィルまで抜かりなくフォローしてます。
この密度で毎月発刊してたんだから、やっぱスゴい雑誌ですよねー
R0015721.jpg

  1. 2012/11/24(土) 01:08:00|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴダール/フェリーニ/ウォーホル

ジャン・リュック・ゴダール特集。
赤青眼鏡で見た事無いからわかりませんけど3Dなのかな、この表紙。
R0015675.jpg

構図!
R0015677.jpg

色使い!
R0015678.jpg

神がかった2ショット!
R0015679.jpg

セバーグカットとかいって流行ったらしいですよ、この髪型。
R0015680.jpg

フェデリコ・フェリーニ特集号。
ゴダール同様の3Dアプローチでの表紙ですね。
独特の美意識を貫いたイタリアの巨匠。
R0015706.jpg

こちらはアンディ・ウォーホル特集。
カラフルなロゴがポップアートを表現してますねー
R0015701.jpg

かのデヴィッド・シルヴィアンが髪型サンプリングしてました。
これズラなんだよね、確か。
R0015702.jpg

ね、カッコ良くて保存したくなるでしょ??
R0015703.jpg

これも構図からポージングまで完璧な写真だよなー
カッコ良かったなーー
R0015705.jpg

  1. 2012/11/24(土) 00:44:59|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不良/路上にて/セルジュ・ゲーンズブール

懐かしついでにアーカイヴを・・
かなり処分しちゃったんで少ししか残ってないんですけどね。

表紙がカッコいいのもSVの大きな特徴でした。
これ見てよ〜
若きジョニー・デップっすよ。
ウィノナ・ライダーと付き合ってた頃で、Winona foreverのタトゥー(笑
若気の至りだろな(笑
ただ、カッコいいよねーー
R0015670.jpg

これはビート特集。
表紙がアレン・ギンズバーグ!!
タンクトップ2連発(笑
いい写真です。
R0015671.jpg

当時公開されたデヴィッド・クローネンバーグの
裸のランチのポスターADも発見。

原作は、ウィリアム・バロウズの代表作ですね。
持ってるし読んだけど、カットアップ手法ってのが
要はドラッグみたいなもんだからシラフじゃよーわからねーんだよな。
ちゃんと劇場に見に行きました。
内容は・・・覚えてません(笑
R0015672.jpg

こちらはセルジュ・ゲーンズブール特集号。
R0015673.jpg

デザインやADも本当にカッコ良かったもんな〜
構図や色使いも刺激的でした!
R0015674.jpg

続く・・


  1. 2012/11/24(土) 00:22:27|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Music in Car

STUDIO VOICEの紙媒体で復刊の特別号。

内容はSV節フルパワーって感じで懐かしいです。
さすがに創刊からは持ってませんが、一時期買い続けていた雑誌なんで
思い入れがありますからねー

今は保存欲が湧く雑誌ってHuge以外にないんで、
特別号じゃなくてルーティーン雑誌で復活しないかな〜

今回の表紙はポール・ウェラー御大とミニの2ショット。
ずっとモッズだなこのオトコ!
R0015655.jpg

HF氏のインタビューもあり。
R0015656.jpg

R0015657.jpg

紙質や写真セレクト/クオリティも好きですねー
R0015660.jpg

  1. 2012/11/23(金) 17:11:12|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松本人志と浜田雅功

いろんな山があって、それぞれの山に大将がいる中で、
彼等は確かに一つの山の頂点に登ったんでしょうね。

価値は一つではないので、山もたくさんあるんですけどね。
面白いし偉大だって事もわかるんですが、なぜかとんねるずほどフィットしなかったんだよなー

でも、いま全盛期のとんねるずを見たら笑えるかな?
もしかしたら、ダウンタウンの方がアクチュアリティが失われていないかも??
どっちが残るかっていったらダウンタウンなのかな〜

仮面ノリダーとトカゲのおっさんどっちが面白いかな??
保毛尾田保毛男とキャシー塚本はどっちが面白い??

好敵手だね、やっぱ。
かみ合わないと思うけど、共演が見てみたいな〜〜
R0015537.jpg

  1. 2012/10/30(火) 01:09:43|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

life is moment / HOUSES for TODAY

Huge最新号。

インテリア特集ですが、今回も写真のクオリティが高いなー
ファッション誌のカテゴリーからスタートしてますが、
もはやそれだけに留まってませんね。
SNOOZER終刊後、創刊から買い続けている雑誌はHugeだけです。
R0015565.jpg

広告もカッコいいもんなー
R0015567.jpg

R0015568.jpg

R0015569.jpg

R0015570.jpg

R0015573.jpg

007の特集もあり。
見応え読み応えバッチリですー
R0015574.jpg

R0015575.jpg

  1. 2012/10/28(日) 19:16:19|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中村達也と斉藤和義

しかし、中村達也氏も人気ドラマーですな〜
布袋氏のバックも驚きましたが、こんなユニットもやってるんだね。

リンクmidovicious氏が以前ブログに上げていて、そのとき初めて知りました。
音はそんなに興味無いっすけど、達也氏のファッションは気になります。

ツナギ好きだもんなー
カッコいい!!
R0015529.jpg

R0015530.jpg

R0015531.jpg

シンプルなグレッチのドラムキットがイカしてます。
R0015533.jpg

R0015534.jpg

ツインペダルって使った事ないですが、レスポンスってどんな感じなんだろ??
R0015535.jpg

R0015536.jpg

四捨五入で50とは思えないバックショットです!
中達最高!!
完全に表紙買いの雑誌でした。
R0015532.jpg

  1. 2012/10/18(木) 01:22:54|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

NOW & THEN / ARCHIVES OF PEEL & LIFT

『OUTSTANDING』の第二弾。
HF氏が言うように、アウトドア+モードで構成されているこの雑誌。
まぁ、アウトドアにあんまり興味がないんで、
自分には、そこそこ面白いです(笑

第一号が訳付きの英語表記だったんで、すんごく見づらかったんですが
今回は反省を込めてバイリンガル仕様でした(笑 イイと思います!
R0015477.jpg

デッツ松田氏の雑誌と云えば、やっぱりHF氏は外せませんね。
目がいくのもやっぱりこのページでしたー
R0015478.jpg

このヴィジュアルがイイ!
R0015479.jpg

そしてそして、もちろん今回のお目当てはこの特集です!!
『PEEL&LIFT』!!!
R0015481.jpg

R0015485.jpg

R0015486.jpg

やっぱ、パンクって良いな!
この雑誌の中でも、突然変異みたいに異物感満点で最高です。
R0015487.jpg

  1. 2012/10/06(土) 21:49:33|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コム デ ギャルソンのすべて。

先日発売された、雑誌『pen』の特集をアップグレードしたムックです。

じゃー最初からムックで出せよって思いましたが、気付いたら両方買ってるっていう・・・
しかも構成の大枠は使い回しで、川久保玲のインタビューもかぶってるしな〜
で、いくら製本が立派でも価格は4倍???
もうちょっと良心的なリリースが出来なかったのかなーー???

こうなると雑誌版は蛇足の極みだね!!!

ギャルソンに罪は無いけどね・・
ってか、それを許したんだから罪があるのか?

内容よりそっちが気になっちゃいました(笑
R0015455.jpg

R0015460.jpg

R0015461.jpg

R0015459.jpg

R0015457.jpg

R0015458.jpg

R0015465.jpg

  1. 2012/10/05(金) 01:00:57|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ONE YEAR TO THE FINAL

もはや、現象として面白いですね。
インラインは高くて中々買えず、ヘタすりゃ別注の方がお値頃な時があるもんなー

金持ちでファナティックなファンしか買えないなんて、
ストリートファッションではないよねー

・・・って一応買えないヒガミで言ってみる〜(笑
R0015452.jpg

R0015454.jpg

  1. 2012/10/03(水) 23:31:14|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DON'T know PUNK

=Huge latest issue=

R0014973.jpg

R0014975.jpg

R0014976.jpg

R0014977.jpg

R0014974.jpg

  1. 2012/08/25(土) 16:29:56|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ももいろクローバーZ

さなぎから蝶になる瞬間のドキュメントを並走している気分です。
無印からZになり、そこからの飛躍は驚くべき物があります。
一般の認知度はまだまだでしょうが、だからこそ今この瞬間が
スリリングなんですよねー

最近の雑誌のカバーですが、ついにミュージックマガジンにまで登場。
まぁ、自分はロッキングオン/渋谷陽一派だったんで
ミュージックマガジンは敵だと思ってほとんど読んだ事無かったですけど・・
ももクロちゃんが特集なら手を出さずにはいられませんでした(笑

大の大人がMCZに魂を抜かれる件の考察なんかは、
こちらが言葉にできない事を、我が意を得たりという掘り下げ方で
レポートされていて読み応えありました。
ご同輩がいっぱい居るんだろうな(笑

運営を含めた彼女達の疾走にも、
いつの日か停滞や後退を感じる時が来るの分かってるし、
この刹那感も含めて入れ込んでるんだよね。

だ・か・ら、見られる時にライヴを見たいですけどねー
チケットが全然取れないもんな~~

R0014457.jpg

R0014458.jpg

R0014459.jpg

R0014460.jpg

R0014461.jpg

R0014462.jpg

  1. 2012/06/24(日) 23:49:20|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

mastermind JAPAN FINAL COUNT DOWN MAGAZINE -2

ルーティーンですね。
出てたの知らなくて、たまたま立ち寄った本屋でラス1を発見。
まぁ、そうなりゃ買っちゃいますよねー
R0014395.jpg

R0014391.jpg

使う事は無いであろう、おまけ達・・
R0014394.jpg

あ、モデルの鈴木えみちゃんですが、昔これまた本屋で見かけた事があって・・
モノが違いました(笑 
オーラ出まくりで、持てる物の強みとしか言えません(笑
R0014396.jpg

R0014397.jpg

R0014398.jpg

  1. 2012/05/12(土) 01:03:35|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T H G

話題の『EYESCREAM』スケートシング特集号。
長きに渡ってアンダーグラウンドのカルチャーに君臨していたスケシン氏が
自身のブランド『C.E』のプロモーションも兼ねて、オーバーグラウンドに
浮上してきた感じですね。
満を持して雑誌のカバーです。
原宿ビッグ3のうち、GとApeの初期メンバーだった事を取っても
重要人物と言わざるを得ません。

個人的にはスケシン氏のグラフィックは、そんなに好みではありませんが、
人物としてはかなりトリッキーな、興味深い物がありますね~

HF氏、タキシン氏、TET氏、ヒカル氏とこれまたそうそうたる面々が
対談に登場しています。
R0014312.jpg

レアなチェックのセッズ/ボンデッジパンツを履いています。
R0014313.jpg

16日間コーディネート(笑
R0014314.jpg

そして、今回のバックカバーはフォトグラファー/モデルとして
永瀬正敏氏も登場しています。
セルフタイマーでのポートレートです。
R0014315.jpg

  1. 2012/04/01(日) 22:57:32|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKYO CALLING

生まれ変わった『Huge』の最新号。
表紙やロゴの配置は以前の方が好きだな~
R0014253.jpg

このビビッドカラーのコートはカッコいいですね。
似合わないだろうけど(笑
R0014254.jpg

R0014255.jpg

特集にあった、昭和のアウトサイダー達。
カッコいいっす。

先日亡くなった、原田芳雄氏。
R0014256.jpg

見てよこのショーケン。
カッコいいな~
R0014257.jpg

工藤チャンももちろん登場です。
R0014258.jpg

  1. 2012/03/27(火) 02:32:41|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天才の企画

お約束です。
マストバイです。
しょうがないです。

R0014173.jpg

R0014174.jpg

R0014175.jpg

R0014176.jpg

  1. 2012/02/11(土) 01:30:03|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPADE


R0014165.jpg

R0014166.jpg

R0014167.jpg

R0014168.jpg

R0014169.jpg

R0014170.jpg

R0014171.jpg

R0014172.jpg

  1. 2012/02/10(金) 01:14:01|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMME des GARCON

ギャルソン特集の『PEN』
表紙買いですな。

アーティスティックな佇まいのブランドです。
初めて買ったとき、一つ階段を上った気がしたんだよな~
R0014159.jpg

R0014163.jpg

R0014164.jpg

R0014160.jpg

R0014162.jpg

  1. 2012/02/03(金) 00:36:56|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HERMES PARIS CUSTOMIZED BY JUN TAKAHASHI

JONIO氏がキュレーターのA MAGAZINE。
何年前のリリースだったかな~

フロントカバーはA。
R0014125.jpg

R0014126.jpg

表4はU。
完全なアートブックです。
R0014127.jpg

で、なんで今回スパイクスタッズのハードなリストバンドを購入したかって言うと、
このカスタムエルメスのアートワークが、心に残っていたからなんですよ。
バカ高いエルメスを、スタッズまみれにするカスタムに胸が躍ったんでした~

まさにDESTROY!!
R0014131.jpg

R0014133.jpg

R0014134.jpg

  1. 2012/01/31(火) 02:22:30|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

THE MASTERMIND JAPAN ISSUE

R0014000.jpg
終焉に向けて加速度的に盛り上がっている感のある
マスターマインドジャパンの特集号です。
表紙撮影は蜷川実花さん。

本間氏ってホントに真面目な人だなってのが
インタビューの端々から垣間見えます。

アホみたいに高額なアイテムはセレブ達に任せるとして、
買える範囲で気に入った物が買えると嬉しいですな~
年末に手に入れたペインターとかもそうだしさー
R0014006.jpg

R0014011.jpg

ソフの清永氏着用のN-3Bは持ってます。
あ、シャツも買ったんだった!
R0014012.jpg

  1. 2012/01/03(火) 23:04:29|
  2. MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

poptones1979

Author:poptones1979
ⒶNARCHY COMES NATURALLY

Instagram : @poptones1979

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

MUSIC (411)
MOVIES (85)
ART (61)
GEAR (170)
TV (47)
MAGAZINE (74)
BOOK (33)
GUITAR (9)
BACK TO CHAOS (155)
FIGURE (20)
fragment design (43)
BEAT MASTER (30)
MEMORIES (11)
THE BEATLES (14)
SLICE OF LIFE (49)
intermission (57)
break on through to the other side (16)
未分類 (54)

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2カウンター